ヤマザキマザック
美術館について

概要

当美術館の収蔵コレクションは、ヴァトー、ブーシェ、フラゴナール、シャルダンといった18世紀フランスを代表する巨匠たちが活躍したロココの時代から、新古典主義のアングル、ロマン主義を代表するドラクロワ、写実主義、印象派、そしてエコール・ド・パリ等、18世紀から20世紀に至るフランス美術300年の流れが一望できる内容で構成されています。さらには、19世紀末にフランスを中心に花開いたアール・ヌーヴォーを代表する工芸家であるガレをはじめとする、様々な作家達のガラス工芸品と家具調度品のコレクションも常設展示しています。

展示室の特徴

5階の絵画展示室は、それぞれの作品の時代様式にふさわしい内装素材を選び、天井高を5メートル以上とった余裕ある空間で作品と向き合えるように設計されています。当館が誇るロココ絵画の名品フランソワ・ブーシェ作《アウロラとケファロス》は、縦約2.4メートル、横約2.6メートルの大作ですが、ゆとりをもって鑑賞していただけるでしょう。 さらに、筆跡や色彩など、作者と同じ視線で鑑賞できるよう、作品の額装からガラス板、アクリル板を取り外しました。また、制作当時そのままの雰囲気を感じられるようにキャプション(説明パネル)は最小限の情報にとどめております。古き良き時代を彷彿とさせる典雅な室内で珠玉のような作品との出会いをお楽しみください。 4階の工芸展示室には、アール・ヌーヴォー時代のフランスの住宅にあった食堂を移築再現した部屋があります。ヨーロッパの専門メーカーに特注した展示ケースを配置し、5階とは異なる作品との距離感、親密で居心地のよい空間を演出しております。

音声ガイドの無料サービス

音声ガイドの無料サービスは、近年、海外の美術館では増えてきたものの、日本ではほとんど見られません。常設展示としては、ユニバーサルの視点で音声ガイドを提供するおそらく日本で最初の美術館でしょう。

利便性

名古屋の玄関口である名古屋駅から、名古屋市営地下鉄東山線で7分の「新栄町」駅直結という恵まれた立地条件です。 地下鉄「新栄駅」から雨に濡れることなく美術館に到着できます。

館長から皆さまへのごあいさつ