ごあいさつ

ヤマザキマザック美術館は、美術鑑賞を通して豊かな地域社会の創造、ひいては日本、世界の美と文化に貢献すべく、名古屋の中心地葵町に2010年4月に開館致しました。

当館は、創立者であり初代館長でもある山崎照幸が蒐集した18世紀から20世紀に至るフランス美術300年の流れを一望する絵画作品及びアール・ヌーヴォーのガラスや家具等、ヤマザキマザックのコレクションを所蔵・公開しております。
展示室は、壁布やシャンデリアなど往時のサロンの雰囲気を髣髴とさせる内装で、部屋を訪れたお客様が、ゆっくりと作品に向き合えるよう心がけています。作家達の筆づかいまで感じていただけるように、絵画作品は、あえて額からガラス板やアクリル板をはずしました。

当館の母体である「ヤマザキマザック株式会社」は、1919年に創業、「世界のモノづくり」の基礎を支える工作機械メーカーです。工作機械は、金属やプラスティックなどの材料を加工して部品や金型を作り上げる機械で、身の回りのあらゆる製品の製造に係わることから、「マザーマシン」と呼ばれています。携帯電話、自動車、飛行機、船、人工衛星など、また人工骨や関節など医療分野でもさまざまな製品を加工するのに高性能な工作機械が使われています。いわば私たちの生活の根幹となる重要な産業です。

初代館長 山崎照幸は、美術工芸品を「優れた感性の結晶で、工作機械と同様に、高度な技術とセンスが融合された世界」と表現しました。
工作機械メーカーとしてのヤマザキマザックは、これからも最先端の製造技術を、世界中の製造業に携わる方々に提供し続けて参ります。そして当館は、「おもてなしの心」を大切に、ギャラリートークやコレクションや展示会にちなんだ演奏会などにも趣向をこらし、訪れてくださる皆様に、心安らぐ潤いのひとときと香り高いフランス文化を心行くまで堪能していただけるよう努めてまいります。当館の文化活動が、芸術に親しく触れるきっかけにつながればと願っております。

館長 後藤 昌功