展覧会

パリに生きた画家たち

マルケ、ユトリロ、佐伯祐三、荻須高徳が見た風景

会期
2022年10月28日(金)から
2023年02月26日(日)

パリを愛し、パリを描き続けた画家たち、アルベール・マルケ(1875-1947)モーリス・ユトリロ(1883-1955)佐伯祐三(1898-1928)荻須高徳(1901-1986)

パリやその近郊は、マルケ、ユトリロにとっては慣れ親しんだ愛着のある街、佐伯、荻須にとっては、「絵を描こうとする喜びをよびさます」憧れの街で、尽きることのない創造の源泉でした。  

 

この展覧会は、愛知県美術館、稲沢市荻須記念美術館、名古屋市美術館、BBプラザ美術館、ポーラ美術館、四日市市立博物館、個人御所蔵家の所蔵作品に、ヤマザキマザック美術館所蔵のマルケ《パリ、ルーヴル河岸》、ユトリロ《サノワの風車》、《マルカデ通り》、フランス美術の収集によってヤマザキマザック美術館の礎を築いた初代館長(ヤマザキマザック株式会社 前会長)山崎照幸の旧蔵品である荻須高徳《風景》を合わせ、マルケ作品7点、ユトリロ作品10点、佐伯作品8点、荻須作品27点、合わせて52点の作品をご紹介いたします。

 

19世紀フランスの邸宅を思わせる当館の展示室に20世紀初頭から1970年代にいたるまでのパリやその近郊を描いた作品を展示。

4人の画家たちそれぞれの作品の魅力を堪能して頂けるのはもちろんのこと、1人の画家が時を違えて同じ場所を描いた2点の作品の表現の違い、異なる画家が同じ場所を描いた作風の違いも楽しんで頂けます。

また、荻須が山崎照幸夫妻に送った書状も併せて展示し、画家とコレクターの交流の一端もご紹介いたします。

 

 


アルベール・マルケ《ノートルダム 曇天》1924年頃 
油彩・キャンヴァス BBプラザ美術館

モーリス・ユトリロ《ラパン・アジール》1913年頃
油彩・キャンヴァス 名古屋市美術館蔵

佐伯祐三《プティ・レストラン》1927年
油彩・キャンヴァス 個人蔵

荻須高徳《広告のある家“パリの屋根の下”》1931年
油彩・キャンヴァス 稲沢市荻須記念美術館
(C)ADAGP, Paris & JASPAR, Tokyo, 2022 E4758

開館時間

平日 午前10時から午後5時30分
土日祝 午前10時から午後5時
(最終入館は閉館30分前まで)

入館料

一般:1,300円(10名様以上1,100円)
小・中・高生:500円
小学生未満:無料
*各種障害者手帳をご提示の方とその同伴者1名は1,100円
*音声ガイド無料サービス

休館日

月曜日※1月9日(月)は開館、1月10日(火)、年末年始(12月29日~1月4日)

主催 ヤマザキマザック美術館、中日新聞社
後援 在日フランス大使館/アンスティチュ・フランセ日本、愛知県教育委員会、岐県県教育委員会、三重県教育委員会、名古屋市教育委員会、公益財団法人名古屋市文化振興事業団
協力 株式会社カセットミュージアム
特別協力




スペシャルギャラリートーク

本展出品美術館の学芸員諸氏によるギャラリートークです。

優れたエコール・ド・パリのコレクションで知られる名古屋市美術館の学芸員 森本陽香氏と、充実した荻須高徳作品のコレクションで知られる稲沢市荻須記念美術館の学芸員 河合志穂氏をお迎えし、作家や作品について所蔵館ならではの興味深いお話をお伺いいたします。

 

2022年12月4日(日)10時30分から11時30分

「パリの街と画家たち」森本陽香氏(名古屋市美術館学芸員)

森本陽香氏(名古屋市美術館学芸員)

 

2023年1月29日(日)10時30分から11時30分 

「荻須高徳のパリ」河合志穂氏(稲沢市荻須記念美術館学芸員)

 稲沢市荻須記念美術館、荻須高徳アトリエ復元室

予約 11月1日(火)よりお電話(052-937-3737)にて承ります。

定員 各回15名(先着順)

参加費 無料ただし要当日鑑賞券

参加方法

本展の鑑賞券をお求め・ご呈示の上、お名前をお教えください。

参加証をお渡しいたしますので、開始時刻5分前に美術館1階ブールデルの彫刻《果物を持つ裸婦》の前にお集まりください。

 

*新型コロナウイルス感染防止対策として、美術館入口での検温、マスクの着用、ソーシャル・ディスタンスの保持にご協力ください。

*新型コロナウイルスの感染拡大状況によってはやむなく中止する場合もあります。最新情報につきましては当館ホームページの「お知らせ」欄でご確認ください。

ガイドツアー

会期中第2・4土曜日 10時30分から11時30分

定員10名

当館学芸員によるガイドツアー。展覧会の見どころをわかりやすく解説いたします。

 

参加費 無料/ただし当日の鑑賞券が必要です。

参加方法

本展の鑑賞券をお求めの際に受付でお申し出ください(当日先着順)。

ガイドレシーバーをお渡し致します。10時25分までに美術館1階ブールデルの彫刻《果物を持つ裸婦》の前までお集まりください。

※事前予約は不要です。

 

*新型コロナウイルス感染防止対策として、美術館入口での検温、マスクの着用、ソーシャル・ディスタンスの保持にご協力ください。

*新型コロナウイルスの感染拡大状況によってはやむなく中止する場合もあります。最新情報につきましては当館ホームページの「お知らせ」欄でご確認ください。

ナイトミュージアム

「サクソフォンとギターで聴く クラシカルなパリ」

17:45受付開始/18:15開演/19:15終演予定

*本展覧会の当日券付き(一般申込者限定)

*事前申込みが必要です。

お申込みの方法は11月30日にお知らせいたします。

なお、友の会会員様には先立って封書にてご案内いたします。

 

開催場所 ヤマザキマザック美術館5階展示室

出演者  佐野 功枝 [サクソフォン]、山田 陽介 [ギター]

参加費  友の会会員¥2,000(税込) 一般¥4,500(税込)

曲目

F.クープラン / 恋のうぐいす、P.モーリス / プロバンスの風景より「愛の歌」、E.サティ / ピカデリー  など

※曲目は都合により変更になる場合がございます。

 

佐野 功枝 [サクソフォン]

愛知県立芸術大学卒業。

ソロリサイタルのほか、2枚のソロアルバムリリース。サクソフォンを雲井雅人氏に師事。名古屋アカデミックウインズ代表。金城学院大学及び名古屋音楽大学各非常勤講師。

山田 陽介 [ギター]

名古屋芸術大学卒業。

ソロリサイタルのほか、ギターアンサンブル、声楽、他楽器との共演などで活動。ギターを井深和弘、酒井康雄、岩永善信の各氏に師事。名古屋芸術大学非常勤講師。中部日本ギター協会副会長。

 

 

*新型コロナウイルス感染防止対策として、美術館入口での検温、マスクの着用、ソーシャル・ディスタンスの保持にご協力ください。

*新型コロナウイルスの感染拡大状況によってはやむなく中止する場合もあります。最新情報につきましては当館ホームページの「お知らせ」欄でご確認ください。