展覧会

四季折々の情景 美術館に息づく小さな自然たち

会期
2021年10月29日(金)から
2022年02月27日(日)
特別展「四季折々の情景 美術館に息づく小さな自然たち」
Sceneries in Four Seasons-Plants and Creatures in the Gallery-



小橋順明《蝶と秤》(部分)2021年 陶(磁土、備前土・ラスター上絵)・竿秤、瓶、酸化鉄、実験スタンド 作家蔵
エミール・ガレ《蝶とカラスムギ文花器》(部分)1890年頃 ガラス ヤマザキマザック美術館蔵


季節と共に移り変わる花々、鳥のさえずり、虫の音、小動物の気配・・・。日本の四季は変化に富んでいます。そして、その「日本の四季」を五七五の十七文字で鮮やかに切り取る俳句の世界。この展覧会では、現代作家9名(組)の作品をヤマザキマザック美術館所蔵のアール・ヌーヴォーのガラスや家具と共に展示し、四季と俳句を軸に広がる自然の情景を展示室に再現します。

川北友果《蓋物 梅狩り》2021年 ガラス・フレームワーク、コアガラス技法 作家蔵 ©松澤孝之
4階展示室(イメージ)


微細な針状の陶製パーツを集積して深海の生物のような幻想的なオブジェを創り出す稲崎栄利子(いなざき えりこ)〔陶芸〕、白い陶の上に墨絵のように大胆に虫や動物を表す井上雅子(いのうえ まさこ)〔陶芸〕、四季の植物の花や実を小さなトンボ玉に浮かび上がらせる川北友果(かわきた ゆうか)〔ガラス〕、今にもうごめき、飛び立ちそうな実物大の昆虫たちを緻密に創り上げる小橋順明(こばし まさあき)〔陶芸〕、レース編みのように繊細なガラスの植物群を生み出す土居陽子(どい ようこ)〔ガラス〕、咲き誇る花々の華やかな色と形を爽やかに描きとめる生川和美(なるかわ かずみ)〔絵画〕、身近な植物のなにげない美しさを無色透明なガラスで表現する深川瑞恵(ふかがわ みずえ)〔ガラス〕、虫や小動物の魅力的な姿態や表情を力強くも丁寧に彫り上げる本多絵美子(ほんだ えみこ)〔木彫〕、季節の花々や生きものたちの愛らしさをガラスならではの柔らかな形や細やかな彩色によって表現する元木貴信・庸子(もとき たかのぶ・ようこ)〔ガラス〕
彼らが巧みな技で生み出す四季折々の生命たちは、はっと目を留めずにはいられない美しさに満ちています。
ヤマザキマザック美術館の展示室に密かに息づく自然の魅力をご堪能ください。


土居陽子《落花(金木犀と蜘蛛の巣)》2019年 ボロシリケイトガラス(ホウケイ酸ガラス)・フレームワーク 作家蔵
井上雅子《蓮と蛙(蓋付き瓶)》2021年 磁器・金彩、上絵付 作家蔵 ©UTATSTUKI CωL
主催
後援
協力
特別協力


名古屋城からはじまる植物物語

会期
2021年04月24日(土)から
2021年08月29日(日)

本展では、江戸時代に狩野派に代表される尾張の絵師たちが引き継いできた花鳥画をルーツとして、その伝統が西洋植物画と融合して、ボタニカルアート、ジャポニスム、アール・ヌーヴォーへとつながっていった流れを展観します。また、シーボルトに学び、シーボルトに「余は圭介氏の師であるとともに、圭介氏は余の師である」と言われた尾張の本草学者 伊藤圭介(1803-1901)の像に迫ります。  植物をめぐる、めくるめくドラマがひろがる「名古屋城からはじまる植物物語」をこころゆくまでお楽しみください。

主催 ヤマザキマザック美術館、中日新聞社
後援 愛知県教育委員会、岐阜県教育委員会、三重県教育委員会、名古屋市教育委員会、公益財団法人名古屋市文化振興事業団
協力 株式会社カセットミュージアム 
特別協力 東山動植物園、名古屋城総合事務所、一般財団法人雑花園文庫